臨床栄養学の過去問 平成23年127問

23年127問

23-127 マラスムス型栄養障害に関する記述である。正しいのはどれか。
(1) 体重変化による評価は、利用できない。
(2) 体脂肪量は、増加する。
(3) エネルギー摂取量は、必要量を満たしていない。
(4) 治療開始時には、投与エネルギー量を50kcal/kg標準体重/日以上とする。
(5) 食物繊維は、20g/1,000kcal以上とする。
 
タイトル
 
(1) × 体重変化による評価は、利用できる。マラスムス型栄養障害とは、たんぱく質もエネルギーも欠乏している状態で、体脂肪が減少する。
(2) × 体脂肪量は、減少する。
(3) ○ マラスムス型栄養障害に対し、クワシオルコルは、たんぱく質は欠乏しているが、エネルギーは、ほぼ充足している状態である。
(4) × 患者に栄養(とくに静脈栄養においてグルコース)を急激に補給すると、代謝が急激に亢進しリフィーディング症候群 (refeeding syndrome)を発症することがある。リフィーディング症候群における電解質異常として、低マグネシウム血症、低カリウム血 症、低リン血症等がある。グルコースと一緒に、マグネシウム、カリウム、リンの細胞内の取り込みが促進されてしまうので、リフィーディング症候群では、低 カリウム血症による心停止を含む重篤な致命的合併症を起こすことがある。よって、エネルギー投与量を20~25kcal/kg/日から開始する。
(5) × 食物繊維は、10g/1,000kcal程度とする。「日本人の食事摂取基準2010」における成人男性の食物繊維の目標量は19g/日以上、女性は17g/日以上である。
解答  (3)

参照サイト
http://xn--vcst8blzd69seto0xkmgzu5zj7b.com/

新着ページ